鮎釣り

【郡上36回目】秋晴れの郡上で、あれ?小さくなった?!

投稿日:

こんにちは!
土曜日(2022.10.29)に郡上に鮎釣りに行ってきました(^^♪

早めの出発のためか?秋晴れの郡上ですが、川見をしながら遡上した感じでは川に鮎師の姿はありません。
今日は、納竿にするかも知れないので、最後の締めくくりとして、いつもの八幡地区に向かいます。

水も澄んでいい感じですが、渇水で水温も低くく、はたして釣れるのか?
と、心配したとおりに、オトリをウロウロさせても全く反応はありません。
しかも、なぜか詰まることが多く、回収はできますが冷たい水に肩まで突っ込んんで寒いのなんのって(;^ω^)

風が吹くたびにブルブル震えます。
そんな中、2時間ボーズのあとに待望のアタリで・・・水中バレ(>_<)
しかし、すぐにオトリが流されて・・・尻尾掛りのビリ鮎が掛かりました。

鼻冠を通して使いますが、弱くて・・・養魚に再登板願います。
すると1mほど目印が飛んで・・・・アレ?バレた( ゚Д゚)
この時期にあれだけ明確なアタリなのに、なぜかバレました⤵
掛かった場所が悪かったのかな?
しばらくして、ブルブルアタリで顔掛りのオトリ頃が掛かりました。

この鮎を使って、わらしべ長者的に掛かり鮎が大きくなることを祈りながら釣りますが・・・・
鋭いアタリで・・・またもや針に乗らず( ゚Д゚)
なんか、針が合わないのかなぁ?
これだけバレると・・・なぜか笑っちゃう(;^ω^)
しかし、同じ場所に入れると、ズキューン!

撮影時にはエビぞり(笑)の元気な鮎が掛かりました。
そして、すぐに2連チャン!

気温が上がって活性が高まったのか、鮎も黄色くなってきました。
また、同じ場所付近に入れると、一気に目印が下って・・・・

まだまだコンディションのいい鮎が3連チャン!
そして、瀬尻でギラギラしてる場所を発見してオトリを入れてみるとズキューン!



ウグイか?と見間違えるほどの婚姻色のガリガリ君が掛かりました。
しかし、その後は無反応となり遅めの昼食タイム、誰もいない川を見ながら菓子パンをかじります。
もう、終わりですね~ぇ・・・寂しいけど(;^ω^)
と、哀愁にひたりながら立ち上がると腰に違和感が・・・ギックリ腰か?( ゚Д゚)
腰に気を付けながら、昼からはチャラ瀬の瀬肩からリスタートします。
入れポンで、ぷよぷよのおチビちゃんが掛かります。

2連チャンでさらに小さくなった。
この時期に、この大きさはないよな~ぁ、と思いながらもオトリに使います。

そして、ほぼ3連チャン!

これまたサビが強く出た鮎が掛かりました。
その後は、瀬を釣り下がりましたが掛からず、朝のポイントに戻ります。
しかし、無反応で釣り下がって結局瀬尻の荒瀬の手前でやっと掛かりました。

そして、元気な鮎を荒瀬に突っ込むと直ぐにズキューン!

またまた、ウグイと見間違えるほどのザラザラのオスが掛かって終漁としました。
本日の釣果は10匹。
しかし、先週と比べると掛かる鮎が小さく今一でした。
また、途中に腰痛が再発したので、気にして釣りに集中できませんでしたが、なんとかツヌケはできました。
腰痛が酷く、さすがに明日の日曜日は休漁しますが、これでは終われんかな?・・分からんけど(;^ω^)

いつも訪問ありがとうございます(^_-)-☆
次のバナーをクリックしていただくと、私の応援になりますし沢山の鮎キチのブログに巡り合えます!

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村よう

Follow me!

-鮎釣り
-, , , ,

PAGE TOP

Copyright© 郡上で鮎釣り始めました! , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.