鮎釣り

【郡上13回】郡上でまさかの穴に落ちる!?そして救世主は有名人!?

投稿日:2019年7月22日 更新日:

2019年7月22日の記事です!

こんにちは!
7月20日(土)に郡上に鮎釣りに行ってきました

当日は木曜日に降った雨のため水位も高く釣りはムリと読んで・・・8時起床
一応天気と水位を確認したところ・・・・えっ、やれそう?

そそくさと用意して9時に出発
いつもより時間が掛かって11時30分に郡上に到着、しかし停めようとした所には既に車が・・・
仕方が無いので、畑の畔に車を寄せると「ガックン」と大きく車が揺れました
車から降りると・・・・・えっ・・・・

どうやら、左側の前輪が草に隠れた一部蓋が無いU字溝の穴に落っこちた
幸い、ゆっくりと入ったので大きな損傷はないようですが、簡単には出ることはできません
取りあえず、おとり缶を長良川に沈めに行きます

そして、自動車保険のロードサービスに連絡を入れたけど、土日のためオペレーターから連絡があったのが1時間以上経ってから・・・それから40~50分経ってからやっと地元の提携自動車工場が決まったと連絡があって、地元の白鳥自動車整備協業組合が到着したのは更に約40分後、そして10分程度で車を上げてくれた(´ω`*)

結局、最初の連絡から約3時間も掛かって助けていただいた
有難がったけど、時間掛かりすぎじゃないもう少しオペレーターの人数を増やしてほしい
JAFに頼んだ方が早かったかな・・・・

で、3時間何をしてたかと言うと・・・・
先ずは、ナビで地名の確認「郡上市大和町島」番地までは分からない
近くに目印になるような何かないか散策して「清竜」という旅館を見つけて、準備完了

そして、「川で鮎釣りをして待とうか」とも思いましたが、流石にそれは対応してくださってる方に失礼かと思い後ろ髪を引かれながら、川で鮎釣りをしている人の観察してると、漁協のおじさん登場で事情を説明しその後は鮎談議に花が咲きます

すると、白いRVが近づいてきて、車内から「どうしましたお困りならお手伝いしましょうか」と救世主登場
あれっ・・・小澤剛さん

そうなんです、やさしいお言葉の主は名人小澤剛さんでした
あと少しで、ロードサービスも着く頃なので、ご辞退しまたがなんて優しい方なんでしょう
しかし、折角なので写真を1枚お願いして「ハイチーズ!」

でも、後からよく見ると剛さん目をつぶってる
少し残念ですが、非常にうれし~い

今度お会いしたら、もう一枚お願いしますね
しかし、今年はお兄ちゃんの小沢聡さんとも偶然お会いしたり(その時の記事はコチラ)して、有名人を前にテンション上がっちゃいますね

話は戻って、剛さんもコチラで釣りをするつもりで来たみたいだけど、同伴者の意見で白鳥に向かわれました
ありがとうございました

結局、15時から鮎釣りを開始しますが、そう簡単には掛かりません
何時ものポツリ・・小サイズ

ポツリでビリビリサイズ

そんな、ビリビリでも結構泳いで・・・

結局、3匹で終了・・・
当然燃焼不足のため、大和道の駅で1泊して翌日も釣りますよ(´ω`*)
しかし、知らない場所で駐車する場合は降りて確認することが大事ですね
幸い車の損傷は、前のバンパーが若干変形したけど、時間と共に戻ってきました

拝読ありがとうございました!

Follow me!

-鮎釣り
-, , , , , , ,

PAGE TOP

Copyright© 郡上で鮎釣り始めました! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.