鮎釣り

【郡上6回目】白鳥から美並まで渇水の郡上で右往左往!?

投稿日:

こんにちは!
日曜日(2022.6.19)に車中泊で郡上に鮎釣りに行ってきました!
車中泊の時に限って寝坊して、ほとんどの方は既に出発された後に起きました(;^ω^)

前日は白鳥地区で惨敗の5匹、しかもビリ鮎ばかりだったので川見をしつつ下流域に大きく移動します。

本日も、ウインドパークではマスターズ2022地区予選が開催されています。
熱き戦いが本日も開催されます!
参加者の皆さん頑張ってくださ~い(^.^)/~~~
と、またまた勝手に応援してウインドパークを後にしました。

大きく移動した先は、郡上の下流域の美並地区。
上流域と比較すると、深くて流れも速くて如何にも郡上美並!って感じです。

いつも荒瀬ですが、渇水のため流れも緩やかになって石色もいいので期待に胸が膨らみます。
逸る気持ちを抑えつつ、いつものルーティンのブログ記事を更新します。

その時の記事はコチラ☟からご覧いただけます。


ほぼ、入れポン!で掛かります。

今日は調子がいい感じです。
と、この時は思っていました・・・が、その後はウンともスンとも!?
周りの方も竿が曲がりません。

こんなはずはない?と強いところや緩めの所も探りましたが・・・掛かりません。
随分掛かって・・・・ビリビリ鮎が掛かりました。
ここでも、君か!?

美並まで来て、ビリビリでは面白くもありません。
水温が上昇すれば良型が掛かるかも知れませんが、もう少しするとラフティングのご一行が流れてくる時間なので・・移動ですね。
向かった先は、八幡地区。

石色が最悪の瀬を釣り下りましたが反応なし。
瀬尻の泡泡からのドン深の一本瀬でズキューン!と掛かりました(^^♪

やっと、まともなオトリを手に入れました(^_-)-☆
オトリが替わって直ぐに目印が飛びますが水中バレ。
その後は続かず、歩いて移動すると小場所ですが流れが強くひときわ石が磨かれている所を発見!
送り込むと、目印を上流の引っ張るアタリ!これはデカいぞと緊張が走ります。

しかし、上流に走るアタリの場合は取り込みも楽なので、大きくてもバレにくいので落ち着いて取り込めます。
久しぶりの良型!ヤッター(^^♪
そして、2連チャン!

そして、3連チャン!
これも良型です。

4連チャン!
体高もある今日一の鮎です(^^♪

楽し~い!
移動した甲斐がありました。
しかし、このデカ鮎掛かりどころも悪くないのに・・・全く泳ぎません。
オトリを交換して送り込むと・・・ズキューン!と目印が飛んでギュルギュル・・・・ふわ~んとドンぶり(>_<)
最悪です⤵

気を取り直して、仕掛けを直して送り込みます。
すると、ズギューンと目印が飛んで・・・・アレ変だ、バレたのかな?
引き寄せると、針がハリスから飛んでいます(>_<)
今年巻いた針には、針抜け防止にハリスに結び目を付けていないので、針が飛んでしまうことがあります。
今更巻き直せないため、アロンを追加で補強しましたが、やはりダメですね。

2回も連続でバラすと流石にアタリもなくなりました。
そんな中、先ほど釣っていたドン深の一本瀬では、地元常連の「瀬の主」が入れ掛かっています。
流石ですね!
挨拶がてら、釣り方を尋ねると・・・・「普通に泳がせてたら・・・たまたま掛かった」んだって。
そんなアホな!?

この方、毎日午後から現れて、周りがどんなに釣れていない状況でも、普通に20匹位は毎回釣っています。
何とか釣り方を教えてもらいたくて、質問をするんですけど・・・いつもあんな感じで煙に巻かれてしまいます。
しかたがないので、毎回この方の釣技を盗み見していますが、真似ができるほどの腕を持ち合わせいてはいません。

その後は、ポツリ・・・・ポツリとは掛かりましたが、仕掛けトラブルや高切れなどで曳舟の中はなかなか増えません。
で、本日の釣果は・・・8匹で終漁!
2日連続でツヌケできず(>_<)、
しかも、オトリを酷使しすぎたのと暑すぎたのが災いして昇天又は虫の息の鮎が半数・・・こんな姿をみたら、私に釣られて可哀そうな鮎達と思えてきます。

今の状況では、私の腕ではこれが限界なので、あとは出水に期待したいと思いますが、思ったように郡上には雨が降ってはくれませんね(;^ω^)
週末は雨予報ですが・・・どうしましょう!?

いつも訪問ありがとうございます(^_-)-☆
次のバナーをクリックしていただくと、沢山の鮎キチのブログに巡り合えます!

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

Follow me!

-鮎釣り
-, , , , ,

PAGE TOP

Copyright© 郡上で鮎釣り始めました! , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.