鮎釣り

超極細ラインてどうよ?!

投稿日:

出典:シマノ

こんにちは!
シマノのニューカタログに、複合メタルの「メタキングナノ」が登場しています。
しかも、そのラインナップには超極細の0.008号や0.006号が設定されています。
シマノさんも責めますね(^^♪

出典:シマノ

私の知る限り、今までに一番細いラインはホクエツさんの限定販売の「至高のライン」の0.008号でしたが、2022年カタログからは除外されています。

出典:北越産業(2021年カタログ)

出典:北越産業(2022年カタログ)

一般的に、ラインは細ければ細いほどオトリが弱りにくく、かつ、よく泳ぎます。
ですから、初期のオトリが弱い時期には仕掛けも細めの設定で、盛期には鮎のパワーに負けないような太仕掛けとなります。

私の場合も、細いラインがいい事は理解していますが、それ以上に石に擦れたり、傷がついたり、キンクったりとライントラブルを回避するために、水中糸は初期には複合の0.05、盛期には0.07~0.125号を使い分けています。
それでも、横着してラインの点検を怠るとどんぶりなどのトラブルが発生して、ガッカリすることもしばしばです。

しかし、ライントラブルの心配がなければ、超極細ラインも使ってはみたいアイテムの一つです。
シマノさんのカタログでは、0.006号で18cmまで、0.008号で20㎝まで、0.02号(カタログでは0.002号となっていますが誤記かと思います)で24cmまでが引き抜き可能な目安となっています。

なので、横着ものの私としては、超極細ラインの0.006号や0.008号は使いこなすことは出来そうもないので、来季は極細ラインの入口として強度も1kg以上ある0.02号を購入して試してみたいと思っています。
また、一つ鮎釣りの楽しみが増えました(^^♪

いつも訪問ありがとうございます(^_-)-☆
次の鮎の写真をクリックしていただくと私の応援にもなりますし、沢山の鮎キチのブログに巡り合えます!

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

Follow me!

-鮎釣り
-, , , , , ,

PAGE TOP

Copyright© 郡上で鮎釣り始めました! , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.