鮎釣り

【郡上15回目】郡上で遭遇(^^♪フィールドテスターのテクニックにビックリ!!

投稿日:2018年8月13日 更新日:

2018年8月13日の記事です!

こんにちは

道の駅白鳥で迎えた8月12日(日)、昨夜は急な豪雨で慌てて車の窓を閉めたり、その後暑くて寝不足です
4時に起床で、歯を磨きながら道の駅のすぐ裏の長良川を見ると、車が既に4台も駐車してました
流石は盆ですね

取りあえず、暗い中用意して、何処に行こうかなと考えましたが・・・・
昨日釣った場所の下流の人が結構釣られていたので、空いてたら入ろうと・・・・
結局、本日もローソン裏でスタートします、果たして2匹目のどじょうはいるのでしょうか?

しかし、心配をよそに開始5分で掛かる

幸先いいですね
しかし、その後が掛かりません
たまに掛かっても・・・・ビリ囮には弱い

瀬を下って・・・・何とか2日で一番の鮎が掛かります

しかし、この鮎が下流に走り回り、制御不能です
鮎任せの私の腕が悪すぎます

養殖に大分頑張ってもらって、何とか・・・・

たまに掛かるもビリ・・・・・・
天然囮が弱って、養殖君の活躍度合いが大きい

午前中で、なんとか7匹なので、嫌になって移動を決意します。

集合写真の後に、移動しようと鮎缶に入れて氷を入れようと思ってクーラーを開けると、氷が溶けていた
ローソンでカップ氷を買おうと用意している間に、鮎が・・・・・・フラフラ・・・・昇天
慌てて、再度川に鮎缶を浸したが・・・・時すでに遅し、生き残っているのは養殖とビリのみ

移動は諦めて、ローソンで氷と昼食を買って、昇天した鮎を氷締して・・・・・やっちまった感、半端ない
昼食も味も分からず、冷やしうどんを食す

めだか釣具店で養殖をお替りしようか・・・・と考えましたが、昼からは、弱った養殖でスタートしました。
何とかまぐれか交通事故が起こらないかを祈りながら、泳がせますが・・・・鮎がいることは養殖の動きで分かりますが、掛かりませんが30分も一カ所で粘ります

その時、すぐ上流にダイワのオールスペシャルな方が、スペシャルTの竿で華麗に鮎を掛けていました。
上手いな~ぁ
目が離せない、そのテクニック

その方、いわゆる引き釣りをされているんですが、鮎を空中移動させて細かい流れを正確に引いては掛ける。
その繰り返しで見てる間に5匹掛けました

そこで、私が下流に下がって、30分間も鮎に遊ばれた場所を開放したところ、その方が入られてベストの後ろには「フィールドテスター」の文字と名前が・・・・道理で上手いはず

しかも、直ぐに3匹掛けて、対岸の葦に掛かって外しに行かれたので、場所が荒れたと思ったんですが、鮎を送ると直ぐに2匹掛かって、更に2匹追加ざっと15分で7匹を掛けたスゴイ、凄すぎますもう感動しかありません

その後、少し話をして下流に下って行かれました
世の中には、すごい人がいるもんですね
よく「めだか釣具店」のホームページで毎回40~50匹釣られる方が載っていますが、きっと良い場所を確保しているんだと思っていましたが、最大の違いは、「腕なんだ」と今ごろ再確認をしたしだいです

今ごろ分かったのと突こまれそうですが、これを機に少しでも近づけるよう修行します
私の方ですが、フィールドテスターさんを見送って、私の鮎の本日分はテスターさんに釣っていただいたという事で、午後からボーズで3時の早上がりとなりました。

帰路について、白鳥では晴天、美並では落雷と猛烈な夕立、前が見えません

早く帰ってよかった結果となりました

拝読ありがとうございました!

 

Follow me!

-鮎釣り
-, , , , , ,

Copyright© 郡上で鮎釣り始めました! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.