鮎釣り

【郡上31回目】この時期に白鳥地区でも釣れるのか?

投稿日:

こんにちは!
しかし、この3連休は寒かったですね~ぇ(;^ω^)
初日に車中泊をしたんですが、温泉に入ってポカポカの状態で厚着で眠りましたが、途中に寒さで目が覚めてその後はウツラウツラとして寝不足気味です。(車中泊アルアルですかね?)

そんな、3連休の2日目(2022.10.9)も郡上で鮎釣りを行ってきました(^^♪
今日は下流域の八幡か美並地区で竿を出そうか?と考えていましたが、恐らく人が多いと踏んで上流部の白鳥地区の越佐大橋下流に入りました。
どうせ、最近は貧果続きなので、どこで釣っても一緒なら人が少ない所で試してみるのも悪くないとの気持ちからです。

その読みは当たって、いつも人が絶えない人気ポイントですが流石に今の時期は誰もいません。
橋の下流の長い瀬を独り占めです(^^♪
まぁ、この時期ならそんなもんでしょう!

問題は掛かるか?ですが・・・
その心配をよそに、瀬肩で入れポン!

サビているオスですが、良く引きました(^^♪
少しずらして、強い流れで目印が吹っ飛んで掛かりました。

型の割には良く引いて楽しませてくれます。
掛かるやん!と思ったのもつかの間、その後は沈黙の時間が過ぎます。

石色はいい感じですが、瀬の中ほどでは何故か掛かりません。
結局瀬尻まで掛らず、瀬尻で小さいですがお腹がポヨンポヨンのベッピンさんの鮎が掛かりました。

そして、このメス鮎がよく泳いでくれて、瀬尻でもう一匹追加することができました。

とりあえず、瀬肩から瀬尻までザックリと釣り下がって、ちょうど昼になったので白鳥地区を後にしました。
特に瀬尻は石が綺麗に磨かれていてハミ跡もあるので、鮎はいる(いた)感じはありますが、私の腕ではこの程度でしょう(;^ω^)

そして、向かった先は大和地区の石組堰堤に行きましたが・・・
見てると先行者の方々がオトリ缶を担いで移動されていたので、きっと釣れないだろうとスルーしていつもの八幡地区に入りました。(人が釣れないポイントで釣れるほど腕があるといいんですがね~ぇ(笑))

雨も降りだして寒い中、カッパを着て臨みましたが掛からず( ;∀;)
忘れた頃にポツリ!

そして、強い流れの中でポツリと掛けて、雨で身体が冷え切って終漁としました。

結局、白鳥地区で4匹、八幡地区で2匹と計6匹と、またまたの貧果となりました(;^ω^)
しかし、この時期でも白鳥地区でも釣れることが分かったし、八幡地区では対岸の地元の方はコンスタントに釣っていることから、場所を問わず釣ってる方は釣ってる郡上でした!

ただし、その後、雨が激しくなり高水となったことから、流石に上流部の白鳥地区は難しいかも知れませんね。

いつも訪問ありがとうございます(^_-)-☆
次の鮎の写真をクリックしていただくと私の応援にもなりますし、沢山の鮎キチのブログに巡り合えます!

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

Follow me!

-鮎釣り
-, , , , , ,

PAGE TOP

Copyright© 郡上で鮎釣り始めました! , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.