鮎釣り

【和良川4回目】郡上がダメなら和良川で!?

投稿日:

こんにちは!
昨日(2021.7.3(土))に、郡上に行ってきました。

前夜に天気予報と長良川の水位情報を確認したところ、深夜に少し降雨があるようですが、日中は雲りで釣りができそうです。

そして、朝目覚めて水位を確認すると・・・・深夜にそこそこ降ったようで新美並橋で1m弱と渇水時の約3倍高でした( ゚Д゚)
しかし、濁りさえなければ、引き水で逆にいい感じになるかも?
と、勝手に妄想をしてスタートします。

岐阜市の長良川は増水はしている感じですが、それほど濁りがあるようには見えませんでした。
これは、いいと「矢島おとり」さんでオトリを購入して上流に向かいます。

ところが、その後ふと長良川を見るとエッ!濁ってる( ;∀;)
更に上流の新美並橋(一番上の写真)では、今日は鮎釣りは無理やろう?!と思うほど濁っています。
オトリ買ったの早まった( ;∀;)

新美並橋下流側

しかし、もしかしたら上流ならいいかも?と車を進めます。
いつもの写真ポイントの法伝橋も何時にも増して激流、イヤ濁流状態です!

更に上流の八幡は川の近くまで寄りましたが、怖いくらいの流れで、到底鮎釣りはできそうにありません。

更に上流の白鳥か高鷲に行こうかと思いましたが、郡上の鮎師では知らない人がいない程の「めだか釣具店」のホームページ「今日の長良川」で白鳥を確認したところ、無理と判断しました。

そこで、オトリを逃がして本日は終了としようと思いましたが、一縷の望みを和良川に託してライブカメラを見ると増水しているもののやれそうです。

なので、峠越えを決行します。
和良川について、上流から川見しながら下りますが、いつものチャラがいい瀬になっています。

しかし、長良川の濁流と比べるとかなりいい感じです!(^^)!
和良川の銀座前は既に多くの鮎師が竿を出しています。

上流側には少し入る場所がありますが、少し見てた感じだと竿は曲がらないので、銀座を後に下流部まで移動します。

和良川はまだ開拓中なので、初見の場所も川見しながら下流に向かって探します。
その中で、いい瀬で誰も釣っていない場所があったので、速INしました。

しかし、用意していると直ぐに1人、2人と増えて、気が付けば私も含めて7人にもなってしまいました。
しかも、オトリ缶より曳舟に養魚を移すときにツルッと1匹逃走して、今日は嫌な予感が・・・?!
適当に深くて大小の石が点在して、如何にも釣れそうな感じですが、石色は良くない感じです。
それでも、オトリをウロウロさせると・・・

ウグイが掛かります( ゚Д゚)
そして、2連チャンのウグイで養魚1号が弱って交代(*_*)

鮎ははねているので、いないわけがありませんが・・・掛かりません?!
それでも、いい程時間が掛かって、何とか小ぶりんが掛かりました!

結構なやる気鮎でしたが、追いは非常に悪い感じです。
その後は、12cm程度のおチビちゃんの放流サイズが昼までに2匹掛かりましたが、踏ん張って立ちこんでいたので写真はありません。

午後からも、この場所で頑張ろうかと思いましたが、色んな所を経験するために移動します。
そして、向かった先もいい瀬が続く、いかにも掛かりそうな場所ですが、上から下まで探りましたが・・・ノーヒット(*_*)

前当たり等もなく、釣れる気がしません。
流石に、心が折れて15時の早上がりとなりました。

結局、釣れた鮎を全て(3匹)放流して和良川を後のしました。
しかし、できないと思っていた鮎釣りもできたし、退院したリミプロの試し釣りもできたので、良しとします。
また、釣れても、釣れなくても押しの強い瀬で釣るのは楽し~い!

いつも訪問ありがとうございます(^_-)-☆
次のバナーをクリックしていただくと、沢山の鮎キチのブログに巡り合えます!

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

Follow me!

-鮎釣り
-, , , ,

PAGE TOP

Copyright© 郡上で鮎釣り始めました! , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.