鮎釣り

付知川で驚いた!

投稿日:

こんにちは!
付知川の解禁(2022.5.21)では、日券(3,200円)を購入しての釣行でした。

11時頃に上流部より監視員の方が左岸と右岸に分かれてやってきて、釣果と日券の確認をされました。
この日券には半券が付いていて、それを監視員の方が破って回収する方法で、釣り人全てから半券を回収しながら、下流に消えていきました。

日頃、郡上で釣行していますが、コロナ禍のためかこの2年間は監視員の方とは会ったことがありませんし、それ以前も年に数回お会いする程度で、恐らく堤防から目視で確認する程度ではないか?と思われます。
また、和良川では一度も監視員の方とはお会いしたことがありません。

それなのに、付知川では監視員の方が全ての釣り人から、半券を回収して周っていることに驚きを隠せません。
付知川は日券の現地加算料が3,000円で、日券と合わせると6,200円(郡上の場合は日券及び現場加算料各2,000円)となるのが、この様な行動に繋がるのかは分かりませんが、オトリを購入する必要がある鮎釣りで、遊漁証を購入せずに川に入る方がいるのか?定かではありませんが、毎日こんな事をしているとしたら鮎師よりタビが早く消耗してしまう事でしょう!?

杖を突きながら、川を下って行った監視員の方が川でコケて事故らないことをお祈りしつつ、ところ変われば色々だな~ぁと恵那漁業協同組合の取り組には頭がさがります(;^ω^)

いつも訪問ありがとうございます(^_-)-☆
次のバナーをクリックしていただくと、沢山の鮎キチのブログに巡り合えます!

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

Follow me!

-鮎釣り
-, , , ,

PAGE TOP

Copyright© 郡上で鮎釣り始めました! , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.