鮎釣り

【郡上14回目】引き水ウハウハのはずがツヌケも危ない状況でした(;^ω^)

投稿日:

こんにちは!
土曜日(2022.7.30)に郡上に鮎釣りに行ってきました(^^♪

天気は快晴!水位も新美並橋で平水(30cm)より15cm高程度で引き水の絶好の条件です。
私がそんな事を思っているぐらいだから、同じ考えの鮎師がわんさと郡上に押し寄せてきています。
なので、美並地区から人気のポイントには満遍なく鮎師が並んでいます(笑)

しかし、こんな日に限って寝坊して、またもや入りたかった八幡地区のお手軽ポイントも定員オーバーで弾かれました(;^ω^)
グルッと回って歩かないと行けない対岸の瀬肩からスタートです。
瀬の中はやや早い感じなので、瀬肩で粘っていたら対岸の瀬で入れ掛かっていたので、瀬肩を見切って瀬に突入するとズキューンと目印が飛んで良い鮎が掛かりました。

やはり、瀬か?と思っていたら、直ぐに掛かってロケット(;^ω^)
その後は沈黙タイムに突入します。
1時間後に待望のアタリで瀬なの真っ白なか細い鮎が掛かりました。

オトリが替わって、直ぐに掛かるも水中バレ、その後に根掛かってロスト(*´з`)
再度養魚にお願いして、頑張ってもらいます。
養魚に錘を付けて、荒瀬にエイ!で、荒瀬なのにやる気のない白い鮎が掛かりました。

型も良くないので、やはり瀬は早いかも?です。
その後はポツリポツリとは掛かりましたが、同じような型ばかりで既に抜かれている感じを受けます。
しかも、根掛りが多発して午前中は8匹掛けて4匹も根掛り放流で4匹しか曳舟に入っていません。

鼻冠の仕掛けも残り少なく、不安しかありません?!
歩いて場所移動をしましたが釣れません(・_・;)
今日は、好条件!と思っていたのにツヌケも出来ないかも?!知れません。

しかたがないので、15時頃に車で対岸に移動してチャラで大小のバラバラなサイズの2匹の鮎を追加しました。

その後は掛からず、朝の反対側の瀬に突入します。
すると直ぐにブルブルアタリで口掛りでポロリ(・_・;)
気を取り直して、同じく口掛で・・・やっと獲った(^^♪

黄色いいい鮎が掛かってくれました。
オトリを泳がすと、すぐ手前で・・・掛かった(^^♪

活性が上がったのか?たまたまなのか?
何れにしても、釣れれば一気にテンションも上がって釣りに集中します。
集中すれば、自ずと丁寧に探って、神経が研ぎ澄み鮎の掛かる機会が増加します。

どうやら、16時を過ぎてハミハミタイムの連チャンモードに突入したようです。

真っ黄色の鮎が狂ったように掛かりますが、バレも水中バレ、空中分解及び受けそこないの多発注意報発令中です。

それでも、ものの1時間程で12匹の釣果!
あ~ぁ、楽しかった(^^♪

15時頃まではツヌケも難しいと思ってはいましたが、終わってみれがトータル18匹で終漁となりました。
鮎釣りって、難しいのか簡単なのか分かりかねますね~ぇ(;^ω^)



いつも訪問ありがとうございます(^_-)-☆
次のバナーをクリックしていただくと、沢山の鮎キチのブログに巡り合えます!

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

Follow me!

-鮎釣り
-, , , ,

PAGE TOP

Copyright© 郡上で鮎釣り始めました! , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.