鮎釣り

【和良1回目】和良川特別解禁初日はオトリが売り切れるほどの大盛況!

投稿日:

こんにちは!
和良川の特別解禁前日(2021.5.28)は、ウキウキして眠れませんでした(^^♪
結局2時に起床して、まだ起きてた娘と「おはよう?、おやすみ?」の訳の分からない挨拶を交わして、3時出発!

行先は、もちろん和良川!
途中、食料を購入して和良川に到着は5時過ぎ。
川見をしながら車を進めます。
しかし、凄い人、駐車するにも苦労するぐらいの大盛況です!

何処か入れる場所はないかな~ぁ、と探しますが・・・ありませんね(*_*)
5時って遅かったのかな?

皆さん、ソーシャルディスタンスをしっかりと保ちつつ、均等に竿が並んでいます。
見渡す限り・・・・入れそうにありません(*´з`)
今日は、釣らずして帰ることになるのか?
でも、1人ぐらいなら何とかは入れるでしょう・・・・と、先ずは「年券」と「オトリ」を購入しようと遠州屋釣具に寄ると・・・「オトリが売り切れ」マジか?!

店のご主人が買いに行ってて、6時頃に届くんだって( ゚Д゚)
取りあえず、初めて和良川の年券を購入しました。
申し訳そうな奥さんとしばし歓談したところ、和良川の銀座(釣具店前)には、増水後の直近に再放流をしているとのことでした。
きっとBB(ビリビリ)君が釣り師を楽しましてくれるでしょう!

話してても、しかたがないので、別のオトリ屋さんを教えていただいて、買いに向かいます。
なのに、そのオトリ屋さんも「オトリが売り切れ」でした。
しかも、届くのは6時30分過ぎとのこと(>_<)

仕方がないので、もう一軒回って、何とかオトリをGETして和良川をウロウロして、道路沿いの空きスペースを見つけて、そこから川にIN!何とか1人分のスペースを確保することに成功しました(^^♪

梨の木公園の上流辺り、川相もいい感じです(^^♪
場所も確保したので、スマホで記事を投稿します!

その時の記事はコチラ☟からご覧いただけます。

しかし、スマホでの投稿は面倒くさいです(;^ω^)
そして、6時30分頃に鮎釣りを開始!

そして、瞬殺(^^♪

解禁日の割に、すこぶる状態が良くて追星もクッキリ、ヒレも黄色がすごく発色していい型の鮎です。
匂いも良くて、最高(^^♪
流石は「和良鮎」です。

そして、次も瞬殺!

こちらも、ヌルヌルのコンディションが最高の1匹、特別解禁でこの型なら文句なしですね!
これは、凄く釣れそうな予感!?

と、3連チャン!

やはり、オフシーズンにYouTubeと鮎釣り本で猛勉強した事で、鮎師としての腕が昇華したのか?と錯覚するほどいい感じ!

しかも、いい鮎ばかり(^^♪
その後もポツリポツリと・・・・掛かりました!

しかし、5匹目を釣ってからは、ピタッと止まりました(*´з`)
やはり、そう簡単には上手くなりません!

周りの人も、あまり竿が曲がりません。
唯一、深トロの方がポツポツと数を伸ばしています。

動くことができないので、色々と試してみますが、前当たりすら感じなくなりました。
ここで粘るべきか?移動しようか?思い巡らせて・・・・

歩いて車が一杯の梨の木公園まで移動します。
人、人、人ですが、丁度休憩の時間か数人上がってくる方々がいたので、話を聞くと誰もツヌケしていないとのことでした。ま~ぁ、私もその半分ですけど・・・(・_・;)

空いてるところで、再スタート!
しばらくして、目印が吹っ飛ぶアタリで・・・

いいんじゃない(^_-)-☆
そして、2連チャン!

と、喜んだのもつかの間、目の上の即死パターンの掛かりで、ローテできず(>_<)
仕方がないので、養魚に頑張ってもらって、何とか次に繋げることができました!

でも、小さい!
しかし、小澤剛さんのYouTubeで語っていた、「小さい鮎でも一度は鼻冠を通す」そして、幾度か見た小さいオトリで大きい鮎を釣る技術に感銘を受けていたので、鼻冠を通して使いますが・・・・

小澤さんとは技術の差がありすぎるので・・・・アッという間にヨロヨロになって養魚とバトンタッチとなりました。
やはり、YouTubeを見るのとやるのとは大違いである事を、身に染みて感じました。

それでも、何とか掛かってくれる鮎もいてくれて・・・

一息するのですが、オトリが回りません。
何とか、午前中に11匹をGETしましたが、周りの人も竿を曲げてる方も少ないので、思い切って上流に移動します。

朝は結構な方が竿を出していた場所ですが、4人程度となっています。
そして、用意する間にまた2人が移動されて行かれました。なんか嫌な予感(・_・;)

瀬で型の良いのを!と思って竿を出しましたが、随分時間が掛かってBB(ビリビリ)かB(ビリ)サイズ。
しかも、やや色白でやる気を感じない。

そして、もう1匹追加するも・・・同じBBかBサイズ!
結構な流れなのに・・・大きいのは既に抜かれたのか?はたまた、この流れに入っていないのか?は分かり兼ねますが、何れにせよこの大きさの鮎では満足できません。

またもや、場所移動・・・・
何処かいい所があればいいんですが・・・・
そんな都合のいい場所は、空いてなくて・・・・
結局、先ほどの梨の木公園まで戻ってきてしまいました(;^ω^)

で、気温と水温の上昇とで鮎が活性化すれば掛かるかも・・・・
と思って、オトリを引っ替え、とっ替えして夕方まで頑張りましたが・・・・
追加できず(>_<)
トータル14匹で終了となりました。

いや~ぁ、最初はロケットスタートだったんですが、終わってみればいつもの貧果(;^ω^)
しかし、オトリが売り切れて、釣りができないかも?と不安がよぎった時のことからすると、和良川の鮎に遊んでもらって楽し一日でした。

明日(2021.5.30)も和良川で釣りをするので、養魚とB(ビリ)オトリ2匹を川に浸けて、和良鮎を守る会の「和良鮎買取集荷場」にて鮎を卸しました。

小サイズ(300円/匹)が9匹、B(ビリ)サイズ(200円/匹)が3匹で計12匹で3,300円也。
しかし、2年前の特別解禁と時が18匹で1,800円だったのと比較すると少し型が良かったのでお金にはなりました。

で、集荷所の人に話を聞くと、本日は20~30匹程度の釣果の方が多く、多い人で50匹以上持ち込まれた方もいたようです・・・・実に羨ましい話です(;^ω^)
皆さんはいかがでしたか?
私は午後からが超厳しかったです。

明日に備えて、お風呂(温泉)がないか?付近を検索しましたが、和良川にあったのが温泉スタンドのみ(笑)
しかたがないので、大和へ行こうかとも思いましたが、あの峠を通ることを思うと躊躇してしまいます。

そこで、下呂まで足を伸ばして・・・

和良からだと下呂温泉も意外と近くで便利ですね。
しかも、お肌がツルツルになるいい温泉に浸かって、疲れもぶっ飛びます。
コロナ禍の真っ最中でもありますが、多くの浴衣姿の観光客の方もチラホラ見かけるので、宿泊客は戻りつつあるのでしょうか?
ホテルも明かりが各部屋から明々と漏れています。

私も、ホテルに1泊・・・したい所ですが・・・ボンビーなので車中泊(;^ω^)
下呂で格安台湾料理を満喫して、和良にないコンビニによって明日の食料を確保しつつ、本日のお宿の道の駅和良に向かいます。

道の駅に到着後、トイレと歯を磨いたらアッという間に即就寝で本日は終了で~す。
2日目の記事は、後日アップする予定です!

いつも訪問ありがとうございます(^_-)-☆
次のバナーをクリックしていただくと、沢山の鮎キチのブログに巡り合えます!

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

Follow me!

-鮎釣り
-, , , , , , ,

PAGE TOP

Copyright© 郡上で鮎釣り始めました! , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.