鮎釣り

郡上鮎の買取価格は?活魚、時期、サイズ別

投稿日:

こんにちは!
鮎の時期には、ほぼ毎週のように鮎釣りに郡上に向かいます。
しかし、ほぼ貧果なので釣った鮎は基本的には自宅で美味しくいただくんですが、たまに沢山釣れた時や車中泊の釣行の場合は、郡上漁業協同組合の水産物共同出荷所に鮎を卸しています。

その出荷所も昨年(2019年)より活魚の引き取りを開始し、絞めた鮎や弱った鮎と比較して高めに買取をしています。

そこで、その買取価格について卸した状態(活魚)、時期、サイズ別に比較してみました。
なお、あくまでも私が卸した鮎だけの結果となりますので、参考までにご覧ください。また、第〇週との標記については、その週の平均価格を表示しています。

サイズと重量

出荷所では、鮎のサイズを特大、大、中、小、ビリ及び格外の6サイズに分類しています。

特大サイズは100g以上の鮎、大サイズは80g~100g未満の鮎、中サイズは60g~80g未満の鮎、小サイズは40g~60g未満の鮎、ビリは20g~40g未満の鮎、格外は20g未満の鮎や腹掛りの鮎などです。

もちろん小さいサイズよりも大きいサイズの鮎の方が価値も高く買取価格が高い状況です。
一方、腹掛りで内臓が出たものや色変わりした鮎は買取すらしてもらえません。

サイズ 重  量
特大 100g以上
80g~100g未満
60g~80g未満
40g~60g未満
ビリ 20g~40g未満
格外 20g未満
※単位等に誤差がある可能性がございます。

活魚の買取価格

活魚=生きている鮎をさします。また、生きていても弱った鮎は活魚として買取はしてもらえません。まさに活きのいい鮎という事です。

また、活魚の場合は1匹当たりの単価での買取価格となります。(絞めた鮎はグラム当たりの単価での買取価格となります。)

特大サイズ1匹当たりの買取価格(単価:円)

今年(2020年)については、8月10日分までしか釣った鮎を現金化していないため、それまでに特大サイズの鮎を釣って(卸して)おらず、特大サイズの鮎の価格は分かりませんが、なかには大きいのを釣ってる方もいて、6月中旬に特大サイズを卸せば1匹900~1,000円で買取ってもらえたようです。(※伺った話のため真相はさだかではありません)

また、お盆を境に鮎の買取価格が下落する傾向がありますが、出荷所に鮎が持ち込まれた量が少ない時には買取価格が上がる傾向のため、9月第3週と比較して第5週は1匹当たり60円高く買取ってもらえました。

月・週 規格 2019年 2020年
8月第1週 活魚(特) 600 
8月第2週 活魚(特) 600 
9月第1週 活魚(特) 550 
9月第3週 活魚(特) 340 
9月第5週 活魚(特) 400 

大サイズ1匹当たりの買取価格(単価:円)

特大サイズと同じように、今年については8月10日分までしか釣った鮎を現金化していないため、それまでに大サイズの鮎を釣って(卸して)おらず、大サイズの鮎の価格は分かりません。

7月第1週に大サイズを卸せば1匹700円と高額で買取ってもらえました。
また、8月第1週の特大サイズが1匹600円であったものが、大サイズになると1匹500円となり1匹当たり100円の差が生じています。

月・週 規格 2019年 2020年
7月第1週 活魚(大) 700 
8月第1週 活魚(大) 500 
8月第2週 活魚(大) 500 
9月第1週 活魚(大) 450 
9月第3週 活魚(大) 280 
9月第5週 活魚(大) 320 

中サイズ1匹当たりの買取価格(単価:円)

中サイズは6月第2週で2年連続で1匹700円と高額で買取してもらえました。
今年は、コロナ禍の影響で鮎の買取価格も昨年(2019年)と比較して中サイズは少し安めの結果となっていますが、ありがたい事に20~40円程度と思ったほどは価格が下がっていませんでした。

また、8月第1週では特大サイズが1匹600円、大サイズが1匹500円、中サイズだと1匹360~400円になります。
昨年のみの買取価格の比較では、各サイズ毎に1匹当たり100円の差が生じています。

月・週 規格 2019年 2020年
6月第2週 活魚(中) 700  700 
6月第3週 活魚(中) 500  480 
6月第4週 活魚(中) 500  460 
7月第1週 活魚(中) 400 
7月第3週 活魚(中) 460 
8月第1週 活魚(中) 400  360 
8月第2週 活魚(中) 400 
9月第1週 活魚(中) 350 
9月第3週 活魚(中) 220 
9月第5週 活魚(中) 260 

小サイズ1匹当たりの買取価格(単価:円)

小サイズは6月第2週で今年は1匹420円と高額で買取してもらえました。しかし、同時期の中サイズの1匹700円と比較すると、1匹当たり280円も安い結果となり。また、昨年の場合だと1匹当たり340円と更に安くなり、初期は大型の鮎が高値で取引されることが分かります。

なお、今年の長良本流は小ぶり鮎が多かったためか、小サイズについては昨年と比較して若干高めの買取価格が多い傾向となりました。

また、8月第1週では特大サイズが1匹600円、大サイズが1匹500円、中サイズが1匹360~400円、小サイズは1匹220~240円になりまして、中サイズと小サイズの差が昨年のみの買取価格の差で180円と他のサイズ間の差(各100円)と比較して大きい事が分かります。

月・週 規格 2019年 2020年
6月第2週 活魚(小) 360  420 
6月第3週 活魚(小) 300  387 
6月第4週 活魚(小) 280  260 
6月第5週 活魚(小) 240 
7月第1週 活魚(小) 240 
7月第3週 活魚(小) 280 
8月第1週 活魚(小) 220  240 
8月第2週 活魚(小) 200  210 
9月第1週 活魚(小) 220 
9月第3週 活魚(小) 140 
9月第5週 活魚(小) 140 

ビリサイズ1匹当たりの買取価格(単価:円)

ビリサイズは6月第2週で今年は1匹200円と高額で買取してもらえました。
また、今年の長良本流は小ぶり鮎が多かったためか、ビリサイズについても昨年と比較して20~70円高めの買取価格となりました。

月・週 規格 2019年 2020年
6月第2週 活魚(ビリ) 160  200 
6月第3週 活魚(ビリ) 120  190 
6月第4週 活魚(ビリ) 120  140 
6月第5週 活魚(ビリ) 120 
8月第2週 活魚(ビリ) 100 

絞めた鮎の買取価格

出荷所では、絞めた鮎や弱った鮎は活魚として買取をしてもらえません。
弱った鮎は、電撃により昇天させて買取を行います。
また、鮎の買取は活魚の場合は1匹当たり、絞めた鮎の場合はグラム当たりで行います。

特大・大サイズ1g当たりの買取価格(単価:円)

9月第5週の場合は、特大サイズも大サイズも同じ単価の1g当たり3.4円の買取価格となりました。よって、大サイズが80g以上なので80gの鮎で1匹272円、100gの鮎で340円となります。
流石に終盤の鮎は大きくても安いですね(*_*)

また、8月第1~2週の単価(5円/g)の場合は、80gの鮎1匹で400円、大サイズの最大の99gの鮎1匹で495円となりました。

活魚の大サイズは同時期に1匹当たり500円なので、80gの鮎の場合は100円、99gの場合は5円活魚と比較して安い設定となっています。

なお、私は初期に特大や大サイズを釣ったことがないので分かりませんが、6月にこのサイズが掛かれば、活魚ほどではありませんが高額で買取ってもらえます。

月・週 規格 2019年 2020年
9月第5週 特サイズ 3.4 
月・週 規格 2019年 2020年
8月第1週 大サイズ 5.0 
8月第2週 大サイズ 5.0 
9月第3週 大サイズ 3.0 
9月第5週 大サイズ 3.4 

中サイズ1g当たりの買取価格(単価:円)

中サイズの鮎の6月第3週の単価は6~7円となり、中サイズの最小の60gの鮎1匹で360~420円、中サイズの最大の79gの鮎1匹で474~553円となりました。

今年の活魚の中サイズは同時期では1匹当たり480円なので、60gの鮎の場合は360円となり120円安く、79gの場合は474円となり6円活魚と比較して安い設定となっています。

月・週 規格 2019年 2020年
6月第3週 中サイズ 7.0  6.0 
7月第1週 中サイズ 5.0 
8月第1週 中サイズ 4.6  4.0 
8月第2週 中サイズ 4.4 
9月第1週 中サイズ 4.6 
9月第3週 中サイズ 3.0 
9月第5週 中サイズ 3.4 

小サイズ1g当たりの買取価格(単価:円)

小サイズの鮎の6月第2週の単価は6.0円となり、小サイズの最小の40gの鮎1匹で240円、小サイズの最大の59gの鮎1匹で354円となりました。

今年の活魚の小サイズは同時期では1匹当たり420円なので、40gの鮎の場合は180円安く、59gの場合は66円活魚と比較して安い設定となっています。

月・週 規格 2019年 2020年
6月第2週 小サイズ 6.0 
6月第3週 小サイズ 5.0  5.5 
6月第5週 小サイズ 4.0 
7月第1週 小サイズ 4.0 
8月第1週 小サイズ 3.4  3.0 
8月第2週 小サイズ 3.2 
9月第1週 小サイズ 4.0 
9月第3週 小サイズ 2.4 
9月第5週 小サイズ 2.4 

ビリサイズ1g当たりの買取価格(単価:円)

6月第3週の単価は2.5~3.0円となり、ビリサイズの最小の20gの鮎1匹で50~60円、ビリサイズの最大の39gの鮎1匹で97~117円となりました。
活魚のビリサイズが、同時期に1匹当たり120~190円なので、20gの鮎の場合は70~130円安く、39gの場合は23~73円活魚と比較して安い設定となっています。

月・週 規格 2019年 2020年
6月第3週 ビリ 3.0  2.5 
6月第4週 ビリ 3.0 
7月第1週 ビリ 3.0 
7月第3週 ビリ 2.6 
8月第2週 ビリ 2.0 
9月第1週 ビリ 4.0 
9月第1週 ビリ 4.0 

格外1g当たりの買取価格(単価:円)

格外の鮎については、ビリ以下の鮎や腹掛りの鮎が格外となります。
ですから、安い(*_*)

しかし、今年は8月に入っても天然のチビ鮎が背掛りで掛かってビリや格外も沢山釣れました。
元気の良いのは放流してあげるのですが、掛かりどころが悪いものは持って帰ったり卸したりしました。

今年はそういった事情により、昨年と比較して格外の買取価格は1g1円で安定しています。

月・週 規格 2019年 2020年
6月第2週 格外 1.0  1.0 
6月第3週 格外 0.7 
6月第5週 格外 0.6 
8月第1週 格外 1.0 
8月第2週 格外 1.0 

まとめ

郡上の鮎を、出荷所に高く卸すには、初期に大きい鮎を活かして持ち込むことです。

先ず初期に大きい鮎を釣るには・・・・どうしたらいいんでしょうか?誰か教えて(;^ω^)
残念ながら、貧果ブロガーの私には答えが分かりません<m(__)m>

しかし、活かして持ち込むことに関しては、鮎を丁寧に扱うことはもちろん。曳舟や友缶を大きな容量のものに替えれば随分鮎を元気な状態にしておくことが可能です。
そして、車での移動時には交流式のエアーポンプで十分な酸素を供給することも忘れずに、また、気温が高い時は氷で水温を下げればなおいい状態が保てます。

なお、地元の漁師みたいな鮎師の方達は、曳舟を2台連結して釣ってたり、移動時には友缶より随分大きなクーラーボックスに沢の水を入れて、鮎が弱らない工夫をしています。

折角釣った鮎は、シッカリとケアして高く買い取ってもらいましょう!
でも、郡上鮎は釣り師の特権で自宅で美味しくいただくのが最高だと私は思っています(#^.^#)

 

いつも訪問ありがとうございます(^_-)-☆
次の鮎の写真をクリックしていただくと私の応援にもなりますし、沢山の鮎キチのブログに巡り合えます!

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

 

 

Follow me!

-鮎釣り
-, , , , , , , ,

PAGE TOP

Copyright© 郡上で鮎釣り始めました! , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.