みんなのクレジット業務停止命令を受けて思わず心配になりました?!

こんにちはヒロです。

証券取引等監視委員会はが3月24日「みんなのクレジット」に行政処分を行うよう、金融庁に勧告し、関東財務局は3月30日に、4月29日までの1カ月のすべての業務停止命令を発表しました(解約のための処理業務を除く)。

顧客に対して速やかに適切な説明を行うことや、業務運営を直ちに是正すること、今後の資金繰り計画の策定などの業務改善命令も出しました。

みんなのクレジットはホームページ上でも、停止する業務として

  • 新規ローンファンドの募集
  • 新規投資のお申し込み
  • 新規会員募集

また、通常通り行う業務として、

  • 投資家様への配当金や償還金の入金
  • 投資家様の会員情報の変更
  • 投資家様の預託金の払戻し
  • 投資家様への情報発信

としています。また、代表取締役白石伸生氏からお詫びとご報告として、「大変なご心配とご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。」とし「投資家様から預託頂きました預託金につきましては、弊社固有の資産とは分別保管されており、適切に払戻、配当、償還が行われていることは、皆様もご理解頂けていることと思います。」と白石社長の見解を記載されています。

みんなのクレジットとは

 

  • 会社名:株式会社みんなのクレジット
  • 所在地:〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目19番2号スプラインビル6階
  • 電話番号:03-5457-1621
  • 設立日:2015年5月21日
  • 代表取締役:白石伸生
  • 資本金:2億円

みんなのクレジットは、ウェブサイトを通じて出資を募り、不動産ローンや中小企業ローンに資金を貸し出す、いわゆるソーシャルレンディング(ネットで貸し手と借り手を繋ぐ融資仲介サービス)の一種として2016年4月に投資勧誘を始めました。

しかし、実際の多くの融資担保については、契約上は不動産や中小企業株となっているのに、自社グループの未公開株が担保になっていて、融資先についても、不動産や中小企業に融資しているはずなのに、その多くは自社グループ企業に貸し付けて、そのグループ企業はファンドから借りた金を別のファンドへの償還金に充て、その結果債務超過となり一般投資家より集めたファンドへの出資金をグループ企業の増資に当て債務超過を解消していたようです。

資金調達については、3月24日の行政処分勧告日には44億円を超えていたということですから、凄く資金を集めていた事になりますが、その中にポイントサイトを経由してみんなのクレジットに投資された方々もみえたようで記事にもなっていました。

ヒロも、2万円弱相当のポイントが付与される「みんなのクレジット」については、機会があればと調査はしていましたが、年利14.5%の高利率や、設立年も2015年と歴史が浅く非常に胡散臭いと判断し申し込みはしませんでした。本当に申し込まずにホットしています。

しかし、「みんなのクレジット」が危険ならば、先日ポイントサイトのモッピーから申し込みを行った、「みんなのシストレ」は大丈夫なのか?不安がよぎります!

「みんなのシストレ」や「みんなのFX」大丈夫なのか?

みんなのシストレとは?!

  • 会社名:トレイダーズ証券株式会社  金融商品取引業登録:関東財務局長(金商)第123号 
  • 所在地:〒105-0013 東京都港区浜松町一丁目10番14号  住友東新橋ビル3号館7階
  • 電話番号:03-4330-4720
  • 代表取締役社長:金丸 勲
  • 資本金:21億9500万円

「みんなのシストレ」のシステムトレード(自動売買取引)とは、あらかじめ決めておいたルール(システム)に従って機械的・継続的に行うFX取引のことをいいます。
システムトレードを利用することで24時間マーケットを見ていなくても自動で取引することが可能です。

みんなのシストレ」は「みんなのクレジット」とは全く関係のないトレイダーズ証券株式会社が運営していますので、ホット一安心です。

更に調査して行くと、「みんなのFX」もトレイダーズ証券株式会社が運営していました。コチラも既にポイントサイトでポイントをGETさせて頂いています。

 

 

しかし、「みんなのクレジット」て紛らわしい名前ではありませんか?

むしろ意図的にトレイダーズ証券株式会社に寄せているのかな?!

いずれにしても、ホットしました。これで安心して「みんなのシストレ」で取引ができます。

<<アメーバブログ「海外旅行にマイルで行ってみたい!」に戻る>>


 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です