サイバー攻撃に備えよう!

こんにちはヒロです。

トレンドマイクロは5月13日、公式ブログで「大規模な暗号化型ランサムウェア「WannaCry/Wcry」の攻撃、世界各国で影響」と題する記事を公開しました。

<<記事はこちら>>

このランサムウェア(金を要求するマルウェア)は確認されてから爆発的に普及しています。

このランサムウェアに感染すると、画面に真っ赤な警告画面が登場しパソコンを完全にロックし、ファイルが暗号化し作業できなくなります。

復旧させるには300米ドル(約3万4千円)相当の身代金をビットコインで要求してきます。

のランサムウエアが、日本にも週明けに攻撃するとのニュースもあり早急な対策が求められます。

特に、米マイクロソフトが、すでにサポートを終了しているWindows XPや8、Windows Server 2003については、異例にもマイクロソフトがセキュリティ問題の修正プログラム(パッチ)を提供開始しています。

サポート終了Windowsは、【Microsoft Updateカタログ】サイトからダウンロードできるようなので、対策をお勧めします。なお、修正プログラムはOSごとにファイルが異なるので注意してください。

また、その他の(サポート期間中の)Windowsは、Windows Updateを実行して最新の修正プログラムを適用すればいいようですから、自動更新していない方は手動で Windows Updateを実行されることをお勧めします。

 

アメーバブログ「海外旅行にマイルで行きたい!」へ戻る

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です