【期間限定】ちょびリッチJALマイル交換増量キャンペーン6月30日まで延長決定!!

こんにちはヒロです。

ポイントサイト「ちょびリッチ」では期間限定でJALマイルへの交換が20%増量中です!!

ANAマイルは「ソラチカルート」によって、90%の好条件での交換が可能ですが、唯一の弱点が月18,000マイル、年間216,000マイルしか貯めることができません。

しかも、そのほかの交換方法では50%程度までに一気に下がりますが、ちょびリッチでは期間限定(2017年6月30日まで)ではありますが60%でJALマイルに交換できます。

ソラチカルートが渋滞気味の方や、ANAマイルでは特典航空券が予約できず困っている方には、JALマイルを貯めるのもよい方法ではありませんか?

 

ちょびリッチとは

 

会社名 株式会社ちょびリッチ
本店所在地 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南1-7-4 杉木ビル2階
設立 2004年8月(創業2002年1月)
資本金 6,570万円
お問い合わせ http://www.chobirich.com/support/
役員 代表取締役 齋藤利春
事業内容 1)インターネットメディア「ちょびリッチ」の運営
 ポイントサイトちょびリッチhttp://www.chobirich.com/
2)Webサイト構築の総合コンサルティング、製作、管理
3)広告代理事業
主要取引銀行 三井住友銀行

ちょびリッチは、サービス開始15年目に突入しており、累計300万人以上が登録している安心・信頼のポイントサイトです。
ガチャや無料ゲームに参加したり、無料アプリをダウンロードしたり、お気に入りのショップでお買い物をするだけで、簡単にポイントが貯まります。
貯まったポイントは、1ポイント=0.5円で現金などに交換することができます。

↓↓↓ちょびリッチに登録されていない方は、ココから登録して登録月の月末までに1ポイント以上獲得すると500ポイントもらえます!!
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

 

ちょびリッチでポイントを貯める

  • スマホガチャ:完全無料で稼げる最強コンテンツ!
    最大100ptが当たるガチャ★
  • アプリダウンロード:無料のアプリDLで、即ポイントGET!
    毎日やれば月2,000ptは余裕♪
  • 無料ゲーム:無料のちょびリッチゲームで、
    毎日遊びながら楽しくポイントGET♪
  • アンケート:スキマ時間のアンケート回答でポイントGET!
    毎日7pt以上は確実に貯まる♪
  • クリック・タップ:バナーをクリック・タップするだけで
    毎日ポイントをGETできる!
  • おみくじメール:ちょびリッチのメールは、ハズレ無しで
    ポイントが貰えるおみくじ付メール★
  • お友達紹介:一人紹介するごとにポイントゲット!お友達が貯めたポイントの40%還元も!
  • ネットショッピング:普段のネットショッピングが、ちょびリッチのポイント還元でお得に♪
  • 広告利用:無料カード発行や口座開設では数万ptの高額ポイントを一気に稼げます!
  • モニター参加:日々の消費活動で貯められる!?
    いつもの外食が、いつものお買い物が圧倒的にお得になります!
    モニター体験後にアンケートに回答すると、謝礼として商品金額分のポイントがもらえます!
    普段利用している飲食店の利用でも50%~80%円相当のポイントバックがありますよ!

また、毎日タイムセールを開催し、いつもより高ポイントの案件を提供しています。昨日の5月26日現在のタイムセールの一部はつぎのようですが、タイムセールの案件を数件こなせば直ぐに数万円相当のポイントがもらえます(※ポイントが確定するには数か月を要するものもございます)。

まとめ

ポイントサイト「ちょびリッチ」は「陸マイラー」の王道のソラチカルートでANAマイルに交換が可能です。しかも今なら期間限定(6月30日まで)ではありますがJALマイルが60%の高還元率で交換が可能です。3日でポイントが確定するクレジットカード発行案件もありますから、今から申し込んでも6月末までには予想以上にJALマイルを貯めることが可能です。

JALマイルの特典航空券への発行はANAマイルと比較すると若干発行しやすいので、使えないマイルを貯めるより多少交換率が悪くても使い道があった方がいいですね!

また、ちょびリッチは定期的に大型案件も出現しやすく、ポイントが貯めやすくお勧めです。

↓↓↓ちょびリッチに登録されていない方は、ココから登録して登録月の月末までに1ポイント以上獲得すると500ポイントもらえます!!

繧オ繧、繝輔b繧ウ繧ウ繝ュ繧ゅワ繝・ヴ繝シ縺ォ・√■繧・・繝ェ繝・メ

<<アメーバブログ「海外旅行にマイルで行ってみたい!」に戻る>>

 

 

 

 

 

 

 

 

【緊急情報】ジェットスターで名古屋発着全路線間が片道758円のセールを開催します!!

こんにちはヒロです。

ジェットスター・ジャパンは、中部国際空港(名古屋)を拠点化することを昨日(2017.5.24)発表しました。

これを記念して本日(5.25)10時から明日(5.26)10時までの間、中部国際空港発着便を対象としたセールを開催しますが、その価格が驚愕です

セールの路線は、中部国際空港発着便で国内線は新千歳、福岡、鹿児島、那覇線の4路線、国際線は台北、マニラ線の2路線、計6路線のジェットスター運航全路線が対象となります。


セール運賃は各路線とも200席限定での販売となりますが、搭乗期間は8月31日(木)から10月26日(木)までで、運賃額は「Starter」片道運賃で758円となっています。

その期間に旅行を計画されている方はお見逃しなく!!

なお、セントレア発着の新千歳、福岡、鹿児島線は1日最大2往復便、那覇線は1往復便、台北線は週3便、マニラ線は週4便を運航しています。

 
<<アメーバブログ「海外旅行にマイルで行ってみたい!」に戻る>>

 

 

 

AMEXのINVITATIONでHilton-Grand-Vacationsに行ってきました!

こんにちはヒロです。

2月末にアメリカン・エキスプレス・インターナショナルより「Hilton Grand Vacations(ヒルトン・グランド・バケーションズ)」のインビテーションが届いたので、予約を入れて先日の平日にタイムシェア販売説明会に参加しました。

ヒルトン・グランド・バケーションズ とは

ヒルトン・グランド・バケーションズはHilton Worldwide Holding,LLPの登録商標です。ヒルトン・グランド・バケーション・クラブLLPは交換代理エージェントです。タイムシェア(所有権付きの週単位のユニット)を販売しています。

分かりやすく説明すると、高級ホテルの一部屋(キッチン付き)を51人のオーナーで購入し、1人のオーナーは1年間に7日間その部屋を利用する権利を獲得することができるシステムです。

今回紹介された物件は、ハワイのヒルトンホテルのすぐ近くに建設された新築の物件で「THE GRAND ISLANDER(ザ・グランド・アイランダー)」です。販売価格は$51,720~$154,570ですから、日本円($1=110円として)では約570万円~1,700万円です。

かなりの高額ですが、最低の570万円であれば毎年ハワイに行く事を前提に考えるとそれほど高くは感じません(ヒルトンホテルでゴールデンウィーク中7泊した場合でも35万円ほど掛かります)が、毎年ハワイで7泊することは休みの関係で現実的には難しく、先日車を買ってしまったばかりのヒロには支払い能力がないので、丁重にお断りをしました。

特典

今回の、ヒルトン・グランド・バケーションズのバケーション・オーナーシップ販売説明会に参加した特典は、「ヒルトン・ホテルズ&リゾーツで利用できる1万円の食事券」か「ヒルトン・ハワイ最大3泊ご招待(2人まで)」のいずれかをプレゼントしていただけます。

しかし、「9万円相当以上のホテル宿泊券」と「1万円の食事券」を比較すると当然9万円ですが、仮に陸マイラーでなかったら、航空券の購入費用等の負担から「1万円の食事券」を選択したでしょう!陸マイラー万歳です!!

ヒロは当然「ヒルトン・ハワイ最大3泊ご招待」を選択しました。この「最大3泊」の意味は、土日の説明会参加では2泊、平日の説明会参加では3泊がプレゼントされますので、当初説明会の予約をした日は、3月の土曜日でお願いしましたが、再度4月の平日で予約を入れ直し今回の説明会に臨みました。

説明会は90分と記載がありましたが、結構楽しく、あっという間に130分が経ってしまいました。最後に「ヒルトン・ハワイ3泊の招待状」をいただき無事終了となりました。

旅行計画

折角いただいた、招待状を有効に活用するには、60日以内に予約を完了する必要があり、予約の期間は来年の4月までの1年間です。

ありがたい事に、陸マイラー4ヶ月の成果としてANAマイルも「129,800マイル」あるので、ハワイまでの2人分のビジネスクラスの往復特典航空券を発行することが可能です。

旅行の日程は、来年2月前半を予定したいので、「ANAマイレージクラブ」から「特典航空券」、「ANA国際線」、「特典航空券予約」に進み、往路は2月2日(金)に中部国際空港からホノルルへ、復路は2月6日に決定して検索すると・・・

非常にまずい!?・・中部国際空港からANAの直行便がない!深く考えていなかったけど、確かに過去にハワイにANAでは行ったことなかった。しかも、ビジネスクラスは既に空席待ちです(汗)

ここで少し考えます?ヒロの貯めているもう一つのマイル(Avios)のブリティッシュ・エア・ウエイズの特典航空券での発券は可能か?

現在ANAマイルにはおよびませんが、9万マイルあります。

ブリティッシュ・エア・ウエイズの直行便がなくても提携航空会社のJALの発券が可能ですし、JALなら中部国際空港からの直行便があります。

ただし、2人でエコノミークラスで10万マイル、次の図のプレミアムエコノミークラスで20万マイル、ビジネスクラスで30万マイル掛かりますので、エコノミークラスにも1万マイル分不足します。(;_;)

ANAマイルの場合、2人でエコノミークラスが8万マイル、ビジネスクラスが12万マイルで発券できることを考えると、ブリティッシュ・エア・ウエイズは国内ではお得な特典航空券が発行できますが、長距離の場合は、やはりANAマイルにはおよびません。

ANAだと、成田乗り継ぎになりますので、それだけ余分に時間が掛かります・・・。まぁ逆に考えると余分に飛行機に乗れて良かったと考えるべきか?!

ここは悩んでも仕方の無いことなのでスルーして・・・ハワイまでのビジネスクラスの特典航空券は予約が難しそうです(空席待ちと表示があるので、仮に空席待ちしても私に回ってくる可能性は低いようです。)が、エコノミーにはまだ空きがありました。

後は、宿泊招待券ですがオアフ島のヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ビーチ・リゾート」にしようかな!

「ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ビーチ・リゾート」

ハワイの楽園、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾートにようこそ! ワイキキ屈指のビーチに面した9万平米もの敷地では、楽園そのもののリゾート体験をお楽しみいただけます。目の前に広がるデューク・カハナモク・ビーチは、2014年、アメリカの著名なビーチランキングで第1位を獲得。その美しさはまさにお墨付きです。 【理想のハワイアンパラダイスがここに】ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾートが、真のワイキキのリゾートと愛される理由は、ユニークな環境とハワイの文化体験にあります。トロピカルガーデンや癒しあふれる滝の音、貴重なワイルドライフ、ミュージアムクラスのアートの数々…。他では体験できないハワイの楽園をご自身で体感してください。さらに上質感漂う客室、20ものレストランやラウンジ、豊富なショップでのお土産探しなど、楽しみは尽きません。一生の思い出時間へ。その第一歩をさっそく踏み出してみませんか?(ヒルトンホームページより引用)

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ビーチ・リゾートはオアフ島で最も有名なホテルの一つではないでしょうか。ただ、ヒロはまだ宿泊したことはありませんが、オプショナルツアーでディナーショーを観にいった事があるだけですから、宿泊して金曜日の南国の花火も見てみたいものです。

しかし「オアフ島」へは何度か訪れているので、今回はハワイ島の「ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ」も良いと考えています。

「ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ」

 

アロハスピリットの楽園、ヒルトン・ワイコロア・ビレッジにようこそ。ビッグ・アイランドことハワイ島のコハラ・コーストにゆったり広がるリゾートでは、鮮やかなガーデンや手つかずのネイチャーライフが目を潤し、すがすがしい海やプールで心身をリフレッシュ。ハワイ島のダイナミズムをどこよりも体感できる本物のハワイ体験で、一生輝き続ける思い出づくりを! 広大なオーシャンフロントの敷地は、鮮やかなトロピカルガーデンやワイルドライフが息づく大自然の宝庫。圧倒的なスケールのリゾート内にはモノレールが走り、水路をボートで巡るなどアミューズメントパークのよう。あらゆるニーズにお応えする1,240の客室とグルメも賞賛のダイニングや充実のショッピング、大自然の中でのゴルフやテニス、かわいいイルカと触れ合えるプログラムまで。ハワイ島屈指のリゾートは、ハワイが初めての方もリピーターの方も楽しめるダイナミックな魅力にあふれています。 (ヒルトンホームページより引用)

とてつもなく広大なホテルで、恐らく3泊しても全てホテル内で完結しそうな雰囲気で、ラグーンでイルカやウミガメと遊べる、ゆっくりするには最適なホテルですね。

まとめ

今回説明会に参加して、「ヒルトン・ハワイ3泊宿泊招待状(2人)」を無料でもらうことができました。また、4ヶ月間の陸マイラー活動で「2人でハワイまでのビジネス特典航空券」(ビジネスクラスはキャンセル待ちですが・・・)を発券することができます。

いやらしい話、金換算するとホテル代金が9万円と特典航空券(ビジネスクラスの場合)が43.9万円なので52.9万円分がただなんです!

「陸マイラー」になる前には、本当に考えられませんでした(^o^)

マイルを貯める方法はコチラ↓から見ることができます!

記事以外にもお得な(お勧め)ポイントサイトはコチラ↓から登録できますので、まだ、登録されていない方は、登録されることをお勧めします。

○陸マイラー1番のお勧めポイントサイト「ハピタス」

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

○楽天市場のショップ還元率が高いポイントサイト「PONEY」
PONEYは、おかげさまで10周年!! ポイントを貯めて、交換手数料無料で現金やギフトカードをGET!
○好条件の案件がたびたび発生するポイントサイト「GetMoney!]

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

○知名度が高く目の離せない「モッピー」

モッピー!お金がたまるポイントサイト

○バナーは小さいが還元率の高いお勧めサイト「ちょびリッチ」

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

まだ、最終的な旅行の行程は決めていませんが、理想としては、2月2日早朝にオアフ島に到着し、ハワイアン航空でハワイ島へ行きレンタカーを借りて3日間ハワイ島ですごし、オアフ島に戻り1泊後帰宅する4泊6日の計画です。

経費は中部国際空港からホノルルまでの航空券の発券に必要な、各種税金や燃料サージ等の費用が34,520円。また、オアフ島での1泊分のホテル代、ハワイ島への航空券が35,080円、レンタカーの費用30,000円や滞在中の食事代(一番高いのがお土産代:笑)です。

その中でも、オアフ島(ホノルル)からハワイ島(コナ)までのハワイアン航空の往復運賃については、ANAマイレージクラブ・サービスセンターに電話して確認したところ、ANAマイル1人往復2万マイル、2人で4万マイルで手配できるようです。ただし、ネットでの予約は不可なので、直接サービスセンターへ電話して予約する必要があります。

現在129,800マイルがありますので、仮にビジネスクラス特典航空券の発券が可能なら、2人分のハワイまでのビジネスクラスの特典航空券の発券に120,000マイル使いますので、残りは9,800マイルしか残りませんので、4万マイルを今は出すことができません。

しかし、順調にいけば2ヶ月後には45,800マイル貯まる予定ですので、その後に再度申し込みをするか、とりあえず、今ANAの航路のみ予約して2ヶ月後にハワイアン航空を予約する方法か、オアフ島のみで過ごすのか、三択でちょっと悩んでいます?!

 

最後にHilton-Grand-Vacationsのインビテーションが可能になったのは、次のクレジットカード「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(通称:AMEXゴールドカード)」のおかげなんです!(^^)!

この「AMEXゴールドカード」は年会費は税抜き29,000円なんだけど、私からの紹介で2018年10月10日(水)お申し込み分まで、合計47,000ボーナスポイントプレゼント中です。【47,000AMEXポイントをANAマイルに交換した場合、ハワイに往復1人(エコノミークラスの場合)が行けちゃうポイントです。※但し、ANAマイルへの交換には別途費用が発生します。】

詳細については、

  1. ご入会で10,000ボーナスポイントをプレゼント。
  2. ご入会後1ヶ月以内に 3回以上のご利用でさらに、3,000ボーナスポイントプレゼント。
  3. ご入会後3ヶ月以内に、合計40万円のご利用達成でさらに16,000ボーナスポイントプレゼント。
  4. ご入会後6ヶ月以内に、合計80万円のご利用達成でさらに18,000ボーナスポイントプレゼント)

お得な入会はコチラのカード☟をクリックしてください!

 

 

 

 

ヤマダ電機LABIでANAカード決済するとクレカポイントとは別にマイルがもらえます!!

こんにちはヒロです。

2017年4月1日より家電量販店のヤマダ電機LABI店舗ANAカードで、買い物をしてクレジットカード決済するとクレジットポイントとは別に200円で1マイルのANAマイルが付与されます。

ヤマダ電機LABI店舗とは

家電量販店の「ヤマダ電機」は、47都道府県の店舗網を誇り、量販ならではの安さ、豊富な品揃え、充実した配送ネットワークを誇っており、郊外型店舗テックランドや都市型店舗LABI、傘下のベスト電器やマツヤデンキなどグループ全体で4,400店舗を展開しています。

その中でも、つぎの看板でおなじみの都市型店舗LABIのみが今回のANAカードマイルプラス対象店舗となりますので、お間違いのないようにして下さいね!

LABI店舗数は全国で、つぎの20店舗が展開されています。

  1. LABI LIFE SELECT千里
  2. LABI LIFE SELECT立川
  3. Concept LABI TOKYO
  4. LABI広島
  5. LABI名古屋
  6. LABI新宿西口館
  7. LABI上大岡
  8. LABI新宿東口館
  9. LABI1日本総本店 池袋
  10. LABI自由が丘
  11. LABI渋谷
  12. LABI1高崎
  13. LABI新橋
  14. LABI吉祥寺
  15. LABI津田沼
  16. 秋葉原パソコン館
  17. LABI品川大井町
  18. LABI仙台
  19. LABI1なんば
  20. LABI三宮

積算マイルについて

マイル換算

 

クレジットカード会社のポイント移行とは別に、さらにANAカードでのクレジット決済で200円(税込み)=1マイルが付与されます!

なお、クレジットカード会社のポイントをマイルへ移行する際には所定のお手続きが必要になり、一部を除き年度ごとに移行手数料が必要です(ANAワイドゴールドカードなど一部カードは移行手数料が無料です)。また、積算マイル数はクレジットカード会社やご利用内容などにより異なります。

 

マイル換算方法

 

ヤマダ電機LABIでのご利用代金をANAカードでクレジット決済する必要があります。また、マイル換算には1~2ヶ月を要します。

注意:ヤマダ電機LABI店舗のみANAカードマイルプラス対象となり、それ以外のヤマダ電機グループの店舗は全て対象外となりますのでお間違いのないようにして下さい。

ANAカードとは

ANAカードとは、カード表面に「ANA CARD」と記載されているカードです。

ANAカードは現在23種類もありますので、選択に困りますが、「陸マイラー」の方ならつぎの別名「ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)」は既にお持ちかと思いますが、まだ、お持ちでない方には年会費が2,160円(初年度年会費無料)掛かりますが、毎年カード更新時に1,000マイルもらえるこのカードをお勧めします。

JCBANA To Me CARD PASMO JCBblank

ANA To Me CARD PASMO JCB

このカードの最大のお勧めポイントは、ポイントサイトで獲得したポイントをANAマイルと交換する場合、他のどの方法で交換するにしても50%程度のANAマイルにしかなりませんが、このカードを使用してANAマイルに交換する場合、じつに90%のANAマイルとの交換が可能です (^o^)

詳細については、コチラ↓の記事をお読み下さい!!

また、年会費は高い(15,120円)がクレジットカード決済のポイント還元率が高く、更に、ANAマイルへの交換手数料が無料の「ANAワイドゴールドカード(VISA/マスター/JCB)」もお勧めの一枚です。

なお、「ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード」はANAカードではありません。「ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード」で決済してもANAカードマイルプラスの対象にはなりませんのでご注意下さい

 

<<アメーバブログ「海外旅行にマイルで行ってみたい!」に戻る>>