SPGアメックスカードを発行しようとしている人必見!最も得する方法を教えます!!

 

H2018.1.7更新

※注意:本記事に記載している自己によるAMEXの紹介は2017.12.31をもって出来なくなりましたので、ご了承ください。

こんにちはヒロです。

SPGアメックスカードご存知ですか?

正確な名称は、スターウッド プリファード ゲスト® アメリカン・エキスプレス®・カード と言います。

長ったらしく、覚えにくい名前ですね(笑)

カードの額面は↓↓↓こんな感じで・・・それほど特徴もありませんし、色も金色ではありませんがゴールドカード相当のサービスを受けることができます。

 

年会費は31,000円+消費税(合計33,480円)と超お高いカードです(しかも初年度無料とかのキャンペーンも一切ありません)

しかし、こんな超お高いカードが、今注目を集めています。

私のような「陸マイラー」は、日頃からマイルを貯めてほぼお金を掛けなくても特典航空券で海外旅行に行くことが可能です。

マイルの貯め方はコチラからご覧いただけます!

 

しかし、航空券にお金が掛からなくても、ホテル代は馬鹿になりません。そこで、このSPGアメックスカードが大いに役に立つのです。

このカードでショッピング等をして貯めたスターポイントを使って、世界の宿泊料が高いホテルに無料で宿泊することができます。しかも、継続してカードを更新すると何と一泊無料宿泊(条件あり)することが可能です。この無料宿泊では東京ディズニーリゾートオフィシャルホテルのシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルにも無料で宿泊が可能ですから、 高い年会費も元を取ることが可能です。

SPGアメックスカードとは

このカードの最大のデメリットは、年会費が31,000円+消費税(計33,480円)で、家族カードも15,500円+消費税(計16,740円)と本当に高いという点につきます。

しかし、それを上回るメリットとして次の特典があります。

シェラトン、ウエスティン等の有名な大手ホテルグループの「スターウッドホテル&リゾート」、現在(2017.10.14)国内・国外に2014軒のホテルがありますが、このホテルの会員の総称をSPG(スターウッドプリファードゲスト)と言いますが、この会員は4つのランクがあり、下から「プリファード」、「プリファードゲストプラス」、「ゴールド」、「プラチナ」となっていますが、このカードを発行するだけで最初からゴールド」会員資格となります。

このゴールド会員の特典は、SPG参加ホテルに宿泊等に1米ドル(換算)を使うと3スターポイントが付与されます(一部除外あり)。ホテルでのチェックアウト時間の延長(16:00迄※利用できない場合あり)。チェックイン時の空室状況により部屋のアップグレード。チェックイン時にウエルカムギフトとして(一滞在)に、ボーナスポイント(250スターポイント)・部屋での無料Wi-Fi・ドリンクサービス(一杯)のいづれか一つをプレゼントされます。

また、このカードの最もお勧めなところは、カードを継続(2年目以降)するたびに、世界各地のSPG参加ホテルおよびリゾート(カテゴリー1~6)で利用できる一泊一室(2名まで)の無料宿泊特典がプレゼントされます。この、無料宿泊特典では、祝日や大規模なイベント開催期間中でも、スタンダードルームに空室がある限り、 「無料宿泊特典」が利用できるので非常に便利です。

※ちなみに、日本のカテゴリー6のホテルは、「シェラトン沖縄サンマリーナリゾート 」、「セントレジスホテル大阪 」、「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル 」、「ウェスティンホテル東京 」、「ウェスティン ルスツリゾート 」、ハワイのホノルルの場合は「シェラトン・ワイキキ 」、「モアナサーフライダー,ウェスティン・リゾート&スパ,ワイキキビーチ 」、「ロイヤルハワイアン,ラグジュアリーコレクションリゾート,ワイキキ 」と有名なホテルに無料で宿泊することができます。

日々のカード利用で100円につき1スターポイントが付与されます。(100円ごとのポイント加算なので、端数が出にくくポイントが早く貯めやすい。)

貯めたスターポイントはSPG参加ホテル等の宿泊に使うことが可能です。実はこれも素晴らしい特典なんです、例えば先ほどご説明したハワイのカテゴリー6のホテルにスターポイントを使用して宿泊する場合、1泊1室(2名)20,000スターポイントで宿泊が可能ですが、キャッシュで支払う場合は261~419米ドルなので、現在の為替レート(112円)で29,232~46,928円となりますので、1スターポイントの価値は1.5~2.3円となり、いかにスターポイントの価値が高いかお分かりいただけると思います。

また、スターポイントはJALやANAを含めた32社の航空会社のマイルに交換することが可能です。しかも、1スターポント=1マイルへの等価交換なので、本家AMEXのプロパーカードでもANA以外が0.8倍(メンバーシップ・リワード・プラスに登録の場合)に2017年4月より交換比率が変わったことを考えるととてもお得です。さらに、20,000スターポイントを一度にマイルに交換する場合5,000マイルを加算(ブリティッシュエアウェイズのキャンペーン案件)してもらえるので、交換比率が実質1.25倍となり、お得度はさらに上がります。

そして、AMEXカードの特典でもある、空港内にあるカードラウンジに本人とは別にもう一人一緒に入ることができます。このサービス地味ではありますが、出張等でゴールドカードを持っていない方や家族旅行で家族カードを作っていない子供さんやご両親と旅行する場合、他のゴールドカードでは本人しか入ることが出来ないので(お金を払えば入れますが、その場合喫茶店の方がいいですね。)、カードラウンジに入るのを遠慮してしまいますので、あると結構便利なサービスです。

また、帰りのみとなりますが、空港から手荷物を自宅まで無料で宅配するサービス最高1億円の旅行損害保険や航空機の遅延により発生した損害を一部補填する航空便遅延費用補償、海外から24時間無料で困ったことを日本語で電話対応してもらえるオーバーシーズ・アシスト等があります。

SPGアメックスカードの最も得する申し込み方法

 

SGPアメックスカードの申し込み方法は、アメックスのホームページから申し込む方法が一般的です。その場合の特典は入会ボーナスとして、カード入会後3ヶ月以内に10万円以上ショッピング等で利用すると、10,000スターポイントがもらえます。

また、よくブログで「私のブログからのご紹介でお得に入会できます」という記事がありますが、その場合17,000スターポイントがもらえます。この場合、直接アメックスから申し込むよりは7,000スターポイントが余分にもらえてずっとお得です。もちろん、私からもその紹介は可能ですから、この条件ですぐにSPGアメックスカードをご希望の方は、次のSPGアメックスカードを写真をクリックしてお申し込みをしてください。今なら期間限定(2018年1月31日お申し込み分まで)で、ご入会いただいた方の中から抽選で30名様に、13,000ボーナススターポイントをプレゼントするキャンペン中です。

ですが、私がお勧めする最もお得な方法は、 「私からの紹介で先ずAMEXゴールドカードを初年度無料で発行」して、カード入会後3か月以内に30万円以上ショッピング等で利用して30,000ボーナスポイントをもらってください。

30万円と聞くとハードルがちょっと高い気がしますが、私の場合はスマホ等の通話料やネット料金及び電気料金を銀行振込からカード払いに変更し、ふるさと納税や車検などで簡単にクリヤできました。(30万円は無理な方でも、10万円でも10,000ボーナスポイントがもらえます)

そして、AMEXゴールドカード保有中に、ご自身でご自身をSPGアメックスカードに紹介する(可能です)と、AMEXの紹介ポイントが更に10,000ポイント、プラスSPGの17,000スターポイント(カード入会後3か月以内に10万円以上使う必要があります)がもらえます。

 

合計するとAMEXのポイントが40,000ポイント、SPGのポイントが17,000スターポイント(最大30,000スターポイント)の計57,000ポイント(最大70,000ポイント)がもらえるのです。ちなみにこのポイントは570万円(最大700万円)もカード決済しないともらえないポイントなので、そのお得度はご理解いただけると思います。また、AMEXの40,000ポイントをANAマイルに交換した場合(注1)、エコノミーであれば何時でも韓国に2人で行くことが可能ですし、ハワイの場合は1人であればハイシーズン以外に行くことが可能です。

(注1)AMEXポイントからANAマイルへの交換には、別途費用が発生します

さらに、SPGの17,000スターポイントがあれば、韓国の場合「シェラトン・ソウル・パレス江南ホテル」他SPGカテゴリー3のホテルが数軒ありますので、2泊しても14,000スターポイント使うだけですから3,000スターポイント余ります。


しかし、ハワイ(ワイキキ)のホテルの場合は、最低がカテゴリー5の「シェラトン・プリンセスカイウラニ」で1泊16,000スターポイントからとなりますので、入会特典だけでは連泊は難しいのが現状です。

したがって、私の提案した方法でSPGアメックスカードを発行すると、お二人で韓国2泊3日の旅行が、ほぼ無料でできるほどのポイントが貯まります。これって、すごくないですか?

また、今回迂回カードとしてご提案させていただいた「AMEXゴールドカード」は、年会費31,320円(税込み)の年会費のお高いカードです。しかし、今ならそのカードを初年度無料で発行することが可能なんですが、このカードなかなか素晴らしいカードなんです。

AMEXゴールドカードは、年会費が高いカードだけあって家族カードも一枚無料で発行可能ですし、SPGアメックスにない特典として、国内外約200店のレストランにて、所定のコースメニューを2名以上で予約すると1名分が無料となる「 ゴールド・ダイニング by 招待日和」や、国内外1,000ケ所以上の空港VIPラウンジを利用できる「プライオリティ・パス・メンバーシップ」に、基本カード会員と家族カード会員は年会費無料(通常99米ドル)で登録できます。さらに、1回27米ドルの利用料が年間2回まで無料になりますので、カードラウンジ以上のラグジュアリーな空港滞在が可能になりますので、AMEXゴールドカードを発行したら是非登録されることをお勧めします。

まとめ

SPGアメックスカードは、年会費が高いカードではありますが、旅行好きな方にはホテルでの宿泊が楽しみになるカードです。

SPGカードの最もお得な入会方法は、コチラから「AMEXゴールドカード」を申し込み、その後、ご自身でご自身を紹介して「SPGアメックスカード」を申し込むことです。

なお、「AMEXゴールドカード」通常の年会費は31,320円(税込み)なんだけど、今なら初年度年会費無料なので1年間限定でゴールドカード特典をお試しされるのもいいかも!しかも、カード発行後3か月以内に10万円以上の利用で1万ポイント、30万円以上の利用で2万ポイントの計3万ポイントがもらえるお得な特典付きはココだけなので、携帯や公共料金もカード払いにして是非3万ポイントにチャレンジしてみてください。

 

お得な入会はコチラ☟からできます

 

アメリカン・エキスプレス・プラチナカードのインビテーション

こんにちはヒロです。

またまた、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル,IncからPlatinum Card(プラチナカード)のInvitationが届きました。

ご存知の方も多いと思いますが、このプラチナカードはアメリカン・エキスプレス・カード(通称グリーンカード)またはアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード、いずれかの会員のうち、インビテーションが送られて来た方のみが申込みを出来るクレジットカードとなります。

 

これまでに昨年12月、今年の3月、そして6月の今回と3か月に一回の割合で3回もインビテーションが送られてきた事になります。

このプラチナカードの年会費は13万円(税別)なので、ゴールドカードの年会費(29,000円(税別))だけでも年会費が高いと思っている私には、例えどれだけメリットがあっても年会費が高すぎて残念ながら今回も発行することはできません。

ただ、個人的にはゴールドカードについては、もっと年会費が安ければいいな!と思っていますが、そのコストパフォーマンスはとても優れていると感じていますので、どのような違いがあるのかを検証します。

ゴールドカードとプラチナカードとの比較

種類 ゴールドカード プラチナカード
年会費(税別) 29,000円 130,000円
 家族カード 1枚無料 4枚無料
 メンバーシップ・リワード・プラス会費  3,000円/年(税別)  無料(登録必要)
 コンシュルジュサービス 24時間365日
 ホテル無料宿泊  - 1年に1度一泊無料宿泊券プレゼント (対象ホテルは、国内のオークラ・ホテルズ、ニッコー・ホテルズ、プリンスホテルズ、ロイヤルパークホテルズ、ヒルトン・ワールドワイド、ハイアット・ホテルズなどの有名ホテル)
 ホテルの上級会員ステータス  スターウッド・ホテル&リゾート:ゴールド会員、カールソン レジドール ホテルズ:ゴールド・エリート会員、シャングリ・ラ ホテルズ アンド リゾーツ:ゴールデンサークル ジェイド会員、ヒルトン・ホテルズワールドワイド:ゴールドエリート会員
 プライオリティ・パス(1,000カ所以上の空港ラウンジ) 年会費無料(通常年会費99米ドル)+年2回まで利用可  年会費無料(通常年会費399米ドル)同伴者1名まで無料
 空港ラウンジ(国内外30カ所)  本人+同伴者1名無料 同左
 ダイニング(2名以上利用で1名のコース代金が無料)

ゴールド・ダイニングby招待日和 

〇 

ダイニング・アクセル

旅行傷害保険

最高1億円の障害死亡・後遺障害保険

同左
ゴルフ・テニス・スキー保険

その他、プラチナカードのみの面白い特典としては、豪華客船クルーズやヘリコプタークルージング、30フィートクラスのクルーザー利用などがあります。また、保険補償についても電化製品やパソコンが故障した場合に購入金額の30~50%を保証するサービスや保証期間終了した後の故障、欠陥の修理を保証したり、個人賠償保険や海外旅行時のお困りごとを電話で解決してもらえるプラチナ・カード・アシストなど使える特典もさすがにプラチナカードですね。


まとめ

プラチナカードの特典については、全てを書ききれていませんが、記載したものだけでも素晴らしい特典であることは一目瞭然です。

 

私も余裕があれば持ってみたいカードではありますが、年会費がネックですね。

しかし、なぜゴールドカード発行後2年満たない私に3か月毎にインビテーションが届くのでしょうか?不思議ですね・・・!?


AMEXカードのポイントをANAマイルに交換しました!

こんにちはヒロです。

先日アメリカン・エキスプレス(AMEX)・カードのポイントをブリティッシュ・エアウェイズ(BA)に54,000Avios(マイル)分交換申請を行い、無事に交換が終了したので現在90,000Aios(マイル)保有しています。

この、ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のAviosは夏に計画している北海道への家族旅行にJALの特典航空券として27,0000Avios(9,000Avios×3人)使う予定ではありますが、それ以外使い道は考えていません。AMEXのポイント交換率改悪(2017/4/1)に備えて急遽交換したものです。

今回は、ハワイへの特典航空券発券に向けてAMEXのポイントをANAマイルに交換申請を行います。

AMEXのポイント交換申請は非常に簡単ですし、交換に掛かる日数も3~5日(画面上では5営業日)程度で済みますが、ANAマイルには1年間に8万マイル分までしか交換ができず、交換にはメンバーシップ・リワードプラスの加入に3,240円とANAマイル交換には更に5,400円の計8,640円の年会費が掛かります。

今回は先日54,000ポイントをBAに交換したので、73,581ポイントが残っていますので、ちょっと中途半端な73,000ポイントをANAマイルに交換します。1年に交換できる最大の8万ポイントまであと7,000ポイントですが、今年中に頑張って70万円の決済をして予定を終了させたいと考えています。

早速AMEXのホームページのポイントを交換するを選択し「ポイント移行」から「エアライン」をクリックします。

ANAマイレージクラブの「ポイントを移行する」をクリックします。

ANAマイレージクラブでは、初めての方は、提携先プログラム会員番号を登録する必要がありますが、既に登録済みなので、「移行ポイント数」、「カード表面のセキュリティーコード」及び「カード裏面のセキュリティーコード」を入力後し、下部の「同意する」と「移行する」をクリックします。

 

確認画面が出ますので、問題なければクリックします。無事73,000マイルの申請が終了しました。

 

現在ANAマイルは55,000マイル貯めているので、73,000マイルが付与されると、128,000マイルとなります。

 

そして、来月5日には更に18,000マイルが付与され146,000マイル貯まる予定です。そうなると、いよいよ目的の2人分のハワイビジネス特典航空券130,000マイル(65,000マイル×2人)に手が届きます!!

ちなみに5月26日、29日に2人でセントレア、ホノルル間のビジネスクラスの発券は43万円は掛かりますので、お金を出して発券することは私には絶対無理です!!しかし妄想が止まらないですね・・・あ~早くどっかに行きたい!!

 



AMEXカードのポイントは改悪前(3月31日まで)に外資系航空会社のマイルに交換しよう!!

アメリカン・エキスプレス・カード(AMEXカード)では、2017年4月1日よりポイントを海外提携航空パートナーへのマイルへ交換できるレートが引き下げられます。

レート引き下げ内容

■2017年4月1日交換分よりレートが引き下げられます。

3月31日までに交換申請した分はレート変更の対象にはなりません。)

■現在の1,000ポイント=1,000マイルから1,250ポイント=1,000マイル

(マイル交換に2割も多くのポイントが必要となります。)

■対象クレジットカード

  • アメリカン・エキスプレス・カード
  • アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  • アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

上記のクレジットカードのほか、メンバーシップ・リワード・ポイントを貯めることが可能なカードが対象となります。

■対象の航空会社マイル

ANAマイレージクラブを除く、14の海外提携航空パートナーのマイル

・デルタ航空・スカイマイル
・キャセイパシフィック航空・アジアマイル
・チャイナエアライン・ダイナスティフライヤー
・シンガポール航空・クリスフライヤー
・タイ国際航空・ロイヤルオーキッドプラス
・エミレーツ航空・スカイワーズ
・エティハド航空・エティハドゲスト
・カタール航空・プリビレッジクラブ

・エールフランス航空・フライングブルー
・アリタリア航空・ミッレミリア
・ブリティッシュエアウェイズ・エグゼクティブクラブ
・フィンランド航空・フィンエアープラス
・スカンジナビア航空・ユーロボーナス

・ヴァージンアトランティック航空・フライングクラブ

レート引き下げのまとめ

AMEXカードのメンバーシップ・リワードポイントへの交換が可能なカードは、海外提携航空パートナーのマイルに交換する場合、100円で1マイル交換できたものが、4月1日交換分より100円で0.8マイルの交換となりますので、海外提携航空パートナーへのマイル交換を予定している方は、2017年3月31日までに交換手続きをされることをお勧めします。

なお、ANAマイレージクラブについては、現状の100円で1マイルの交換が4月以降も可能です。ただし、ANAのマイルに交換する場合1年間で8万マイルまでとなっています。

ブリティッシュエアウエイズのマイルに交換します

今回のAMEXカードの改悪を受けて、現在AMEXに保有しているポイントの一部をブリティッシュエアウエイズのAvios(マイル)に交換します。

ブリティッシュエアウエイズの特徴について

 

  • ブリティッシュエアウェイズは、イギリスの航空会社でヨーロッパで3位、世界では9位の規模を誇る大手航空会社で、航空連合の一つであるワンワールドに属しており、そのメンバー航空会社の一つが日本航空(JAL)です。よって、ブリティッシュエアウェイズのAvios(マイル)で日本航空国内線特典航空券を発券することが可能です。
  • ブリティッシュエアウェイズから発券することにより、国内線の場合JALやANAの特典航空券の発券マイル数より少なく済みます。(中部国際空港を利用した場合、北海道や九州などの大体の国内線は片道4,500Aios(マイル)で行くことができます(沖縄とか女満別等は行けません))
  • 航空券の発券も当日OKなので急な用事で帰郷する場合など、大変役立つと思います
  • マイルの有効期限は3年(36ヶ月)で、マイルの獲得や使用があるたびに更に3年の延長があるので、マイルの失効がしにくい。

交換申請

それでは、アメリカン・エキスプレス・カードのポイント交換申請を行います。ログイン画面からログインを行います。

 

ポイントを確認し、ポイント移行→「エアライン」をクリックします。

ブリティッシュ・エアウエイズ・エグゼクティブ・クラブの「ポイントを移行する」をクリックし、移行ポイント数等の情報を入力します。

ポイントの移行が終了しました。

まとめ

 

今回の54,000ポイントを54,000Avios(マイル)に交換すると保有Aviosと合算して90,000Aviosの保有となります。これだけのAviosがあれば北海道まで10往復することができますが、本来なら急いで交換する必要は全くない(AMEXのポイントは条件を満たせば失効はない)ポイントなので、この改悪は非常に残念です。

私は、交換する手段を選択しましたが特に目的がない場合、無理に交換をせずにポイントとして保有することも選択肢の一つだと思いますが、改悪前に交換を考えられている方は2017年3月31日までに交換申請が必要となります。

 

 

 

JALカードは解約後1年で入会キャンペーンに新たに参加できるお得なカードです!!

 

こんにちはヒロです。

JALカードが現在大変お得な入会キャンペーンを開催しています。

新規の発行の方はもちろん、カード発行後に既に解約された方も条件を満たすことでお得なキャンペーンの適用になるかも知れません。

JALカードとは

JALカードは、1984年10月30日設立の株式会社ジャルカード(株式会社JALカード)から発行される、JALマイレージバンク(JMB)カードにクレジット機能が付いた、マイルをためやすく、つかいやすいカードです。

 

現在300万人を超える方が、JALカードでマイルを「つかう楽しさ」や「ためる楽しさ」を体験されています。

JALカード会員だけのお得な特典交換

JALカード割引特典航空券に交換が可能

 

JALグループ国内線・国際線の特典航空券に交換できます。JALカード会員なら、ディスカウントマイルより最大1,000マイル割引になります。

(例)東京から那覇までの通常期マイルは15,000マイルですが、ディスカウントマイル期間の場合は12,000マイルです。東京からシドニーの場合40,000マイルが35,000マイルとなります。

航空券などに使えるポイント「e JALポイント特典」

JALホームページでの国内線・国際線航空券購入に利用可能。通常10,000マイルから交換のところ、JALカード会員なら3,000マイルから交換できます。

JALカード家族プログラム

特典交換の際に家族のマイルをあわせて利用できる、JALカード会員限定のサービス。
家族みんなで協力すれば、特典交換にグッと近づきます

カードの種類

JALカードは4つの種別と、豊富な提携ブランドから選択することになります。

普通カード

普通カードは、基本的な機能とサービスを提供する スタンダードなカードです。

入会後1年間年会費無料本会員年会費(税込):2,160円

ただし、JAL アメリカン・エキスプレス®・カードは初年度から年会費の6,480円が掛かります。

フライトでためる

 

  • 入会搭乗ボーナス:1,000マイル
  • 毎年初回搭乗ボーナス:1,000マイル
  • ご搭乗ごとのボーナス:フライトマイルの10%プラス

ショッピングでためる

 

  • ショッピングマイル通常ご利用時:200円=1マイル
  • ショッピングマイル・プレミアム(年会費(税込)3,240円)ご入会時:100円=1マイル

カード付帯保険(一例)

  • 海外旅行/国内旅行傷害保険(傷害死亡・傷害後遺障害):最高1,000万円
  • 海外旅行時救援者費用(年間限度額):100万円

CLUB-Aカード

普通カードよりご搭乗時の獲得マイル数アップ、付帯保険も充実したカードです。

本会員年会費(税込):10,800円

フライトでためる

  • 入会搭乗ボーナス:5,000マイル
  • 毎年初回搭乗ボーナス:2,000マイル
  • ご搭乗ごとのボーナス:フライトマイルの25%プラス

ショッピングでためる

  • ショッピングマイル通常ご利用時:200円=1マイル
  • ショッピングマイル・プレミアム(年会費(税込)3,240円)ご入会時:100円=1マイル

カード付帯保険(一例)

  • 海外旅行/国内旅行傷害保険(傷害死亡・傷害後遺障害):最高5,000万円
  • 海外旅行時救援者費用(年間限度額):100万円

CLUB-Aゴールドカード

CLUB-Aカードに提携カード会社の ゴールドサービスを兼ね備えたカードです。

本会員年会費(税込):17,280円

ただし、JAL アメリカン・エキスプレス®・カード: 20,520円、JALダイナースカード:30,240円

フライトでためる

  • 入会搭乗ボーナス:5,000マイル
  • 毎年初回搭乗ボーナス:2,000マイル
  • ご搭乗ごとのボーナス:フライトマイルの25%プラス

ショッピングでためる

  • ショッピングマイル・プレミアム(年会費(税込)3,240円が無料):100円=1マイル

カード付帯保険(一例)

  • 海外旅行/国内旅行傷害保険(傷害死亡・傷害後遺障害):5,000万円~1億円
  • 海外旅行時救援者費用(年間限度額):150万円~400万円

プラチナ

世界の空港ラウンジが無料で利用できるJALカードの最高位ステイタスカードです。

 

本会員年会費(税込):33,480円

フライトでためる

  • 入会搭乗ボーナス:5,000マイル
  • 毎年初回搭乗ボーナス:2,000マイル
  • ご搭乗ごとのボーナス:フライトマイルの25%プラス

ショッピングでためる

  • ショッピングマイル・プレミアム(年会費(税込)3,240円が無料):100円=1マイル

カード付帯保険(一例)

  • 海外旅行/国内旅行傷害保険(傷害死亡・傷害後遺障害):最高1億円
  • 海外旅行時救援者費用(年間限度額):200万円~1,000万円

うれしい入会特典

現在「Wrb限定JALカード入会キャンペーン」が開催されています。

その内容は入会すると「Amazonギフト券最大11,000円+マイル最大5,000」か「マイル最大10,500+CLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、プラチナに入会で3人に1人の確率で1,000マイル当たります」がもらえるキャンペーンが2017年3月31日まで開催中です。

普通カードの場合は、入会と搭乗で「Amazonギフト券最大2,000円分+最大1,000マイル」か「最大2,000マイル」もらえます。

 

CLUB-Aカードの場合は、入会と搭乗で「Amazonギフト券最大5,000円分+最大5,000マイル」か「最大7,500マイル」もらえます。

CLAUB-Aゴールドカードの場合は、入会と搭乗で「Amazonギフト券最大7,000円分+最大5,000マイル」か「最大8,500マイル」もらえます。

プラチナの場合は、入会と搭乗で「Amazonギフト券最大11,000円分+最大5,000マイル」か「最大10,500マイル」もらえます。

まとめ

 

いかがですか、大変お得なキャンペーンではないでしょうか?このキャンペーンについては、ホームページにこの様な記載があります”本キャンペーンは、提携ブランドを問わず、退会後1年以内に再入会された方、既にJALカード会員(家族会員を含む)の方は対象となりません”ので、一度脱会された方も1年を経過してさえいれば、再度キャンペーンに応募することは可能ですから、初めての方も、一度脱会された方も是非この機会にトライされてはいかがでしょうか?詳しくは下のバナーよりご確認とご入会が可能ですので、一度ご確認いただけたら幸いです。


 

<<アメーバブログ「海外旅行にマイルで行ってみたい!」に戻る>>